熊本県熊本市中央区本荘の古市行政書士事務所

古市行政書士事務所は会社設立、風俗営業許可、遺言・相続、各種許可申請など行政書士業務全般を扱います。

TEL.096-366-0240

〒860-0811 熊本県熊本市中央区本荘六丁目7番8号 

11月

研修会で講師を務めさせていただきました♪

衆議院が解散してしまい、改正風営法の行方がどうなるか気になるところですが、
私は遅かれ早かれ成立すると読んでおります。

先日、研修会にて改正法の講師を務めさせていただきました。
貴重な経験をさせていただき、また出席者の皆様の大事なお時間を割いてご静聴くださいまして、
誠にありがとうございました。
20141122研修会
題目は「風俗営業許可~申請構造からみる手続きのポイント~」ということで、
当初、2号許可の説明に終始するはずでした。

が!この題目を決め世話人の方にご報告した後
風営法が動き出すことをキャッチしましたので、内容のみを変更してお送り致しました。
ご案内がきちんと行き届かずに、申し訳ございませんでした。

改正するに至った経緯や改正内容、
こういう理由からここがビジネスチャンスなのですよ、ということなど
私が知っていること全てをお伝えさせていただきました。
ご出席された行政書士会員の方の業務拡大、
ひいては各々のクライアントの皆様の利益につながれば幸いでございます。

時間がなくって伝えそこねました、、、
風営許可・届出では、
店舗内を計測する”実測”という(私が勝手に呼んでいる)作業が伴うのですが、
実測時に我々が長時間店舗に滞在することは、お客様もあまり快く思われないだろうことから
即、サービスの質の低下につながってしまいます。
実測の際は複数人でサッと測り、サッとおいとまするのがスマート。
人手が足りないというときは、
有料にはなりますが当事務所の補助者を派遣致しますので
お気軽にご相談くださいね。

余談ですが、このときに身につけていたアクセサリーのご紹介をさせてください♪
研修会のときは、こういったブローチをつけていました。
PB214009

これ、実は、元々メンズ用なのです。
大粒のスワロフスキーの佇まいが格好いいと思って、私が製作したものです。
PB1639592

スワロフスキーのラペルピン、お一つ持っておかれると重宝すると思います。
詳しくはコチラをご覧ください。

特定遊興飲食店営業許可/テレビ出演のお知らせ

寒くなりましたが、皆様いかがお過ごしですか?
私は少し体調を崩しまして、昨日と今日、お休みをいただいております。
こんなときは補助者のKくんが頑張ってくれるので、ありがたい限り。
早く治してね、と、お友達から温かい励ましもいただき、嬉しく思います♪
大事な用事が重なっていますので、万全を期して臨みたいです。

大事な用事の一つは、
11/21(金)行政書士会員向け研修会にて、講師を務めさせていただくこと。
主なテーマは改正風営法について。
本国会で改正風営法が成立する見通しだったのですが、
ちょっと先送りになりそうですね。
ただ様々な背景から、近いうちに成立するのは間違いないと見ています。

本改正案の目玉はなんといっても
ナイトクラブ営業許可の大幅変更

今あるナイトクラブ(音楽かけて踊るクラブ)のほとんどは、無許可営業ですね。
法律をご存知ない方々にとっては、
無許可営業だなんてけしからん!と思われるかもしれませんが、
そうせざるを得ないもっともな理由もありまして。

時代にそぐわない内容の現行風営法ですが、
それでも適用されてしまうのが社会というもの。
ナイトクラブ経営者の方は、肩身の狭い思いをされてきたのではないでしょうか。

ナイトクラブ営業許可、いわゆる3号許可は
「特定遊興飲食店営業許可」という別カテゴリに分類され、
新たな許可制の営業に生まれ変わります。

11/21の研修会ではいち早く改正風営法の勉強に取り組み、
「特定遊興飲食店営業許可」をスムーズに取れるよう
研鑽して参りたいと思います。
風営法許可・届出実績多数の当事務所に、お気軽にご相談ください。

大事な用事のもう一つは、TKU「夕方いちばん」の収録。
生放送ではありませんが、12/16(火)・12/19(金)に各45秒ずつ出演予定です。
今からドキドキです…♪

それからそれから、まだ途中の許可関係のお仕事もありますし、
cooking room MENUさんに、料理の基礎を習いにも行きますし、
休めない学校行事もあります。
あと半日、ゆっくりメンテナンスに励みたいと思います。
皆様もどうぞご自愛下さいね。

リフォームして補助金GET!

空き家をリフォームし補助金をもらえた上に入居者さんも決まる…
そんな素敵なことが起きたらいいですね♪

『民間住宅活用型住宅セーフティネット』を利用してみませんか?
いくつかの条件をクリアすれば、改修工事費用の1/3(空家戸数×100万円が限度)を助成してもらえるという制度です。

嬉しい話ですが、書類集めが少々難儀するかもしれません。
↓ここに挙げてある書類を寄せる必要があるのですが、
http://www.minkan-safety-net.jp/manual.html
結構たくさんありますよね!
ご自身で寄せるのが大変だと思われた際は、
書類作成の専門家である行政書士にお任せください♪
当方は宅建業もしていますので、
この手のご相談は当方にいただけると話がサクサク進むと思います。

今年度の期日は平成26年12月26日(金)。
(状況によっては、それ以前で締め切るそうです)
残すところあと1ヶ月と少しですが、
当事務所にご相談いただけますと、間に合うかもしれません(笑)

なーんて。間に合う”かも”、じゃダメですよね。
実は、今日も駆け込みでご相談をいただきました。
今年中に申請を間に合わせますので、ご安心くださいね♪