熊本の任意成年後見・施設入所等の保証人、当センターにご相談ください。

任意成年後見制度について

    

任意後見制度は、まだしっかりと自分で判断ができるうちに、自分の判断能力が衰えてきた時に備えて、あらかじめ支援者(任意後見人)を誰にするか、将来の財産管理や身の回りのことについてその人に何を支援してもらうか、自分で決めておくことができる仕組みです。

今は大丈夫だけれども、老化や認知症、脳梗塞といった病気、突発的な事故で脳に損傷を受けてしまったり…。判断能力が十分に発揮できなくなってしまうことは誰にでもありうることです。

「任意後見制度」は、そのような場合に備えて、「誰に」「どんなことを頼むか」「自分で決めておく」ことで、将来にわたって自分の希望する暮らし方を実現させる方法のひとつです。


このように元気なうちに公正証書による成年後見人と任意成年後見契約を結び、能力が衰えてきたと感じた時に
、裁判所に任意後見人を申し立てることにより、保護・支援を後見人がおこなうことになります。

また任意後見人を監督する任意後見監督人も専任されます。